年長(時計の作り方)

<時計の作り方>

材料

時計の土台(茶色の画用紙)、文字盤(白の画用紙)、振り子の枠(紺の画用紙)、振り子(黄色の画用紙)、長針、短針、わりびょう、モール(黄色)

①時計の土台(茶色の画用紙)、文字盤(白の画用紙)、振り子の枠(紺の画用紙)、振り子(黄色の画用紙)を線に沿ってはさみで切ります。

②文字盤の数字と長針、短針にクレヨンやマジックペンで好きな色を塗ります。

(長針・短針は模様をかいてもOK!)

※長針・短針は、マジックペンがおすすめです!

③文字盤の真ん中に、コンパスやきりなどを使って穴をあけます。

(大人の方がやってください)

④長針が上にくるようにして文字盤の穴と長針・短針の穴を合わせて置きます。

その穴に、わりびょうの針をさします。

⑤わりびょうを奥までさしたら文字盤を裏返して、針を開きます。

⑥文字盤、振り子の枠、振り子を時計の土台にのりで貼ります。

(振り子は好きな角度で貼ってOK!)

⑦時計の上(12の上)に黄色のモールをホッチキスで止めます。

(ホッチキスのつるつるの方が裏のモール側になるように止めると、モールが取れにくくなります)

★完成★

みんなはどんな時計ができたかな?

ぜひお家に飾ったりあそんだりしてみてね♡

カテゴリ:お知らせ